2022.10.19 ~ 10.23
アシエ・ミューラー絵画展
ー沈黙の祝祭ー
今展示は終了いたしました。
この度は沢山のご来場、まことにありがとうございました。
文京区根津・ハミングバードカフェ様にて
「アシエ・ミューラー絵画展 ー沈黙の祝祭ー」を開催いたします。
24年の人生の旅路を経て、
またかねてより親しみ触れていた”平和の民”ホピの心や、アンティークオルゴールの静けさと情熱の世界。
これら様々な心によって想起された工房新鉄鋼の精神を、細密ペン画、また土絵具のプリミティブな色彩に乗せてお届けします。
静かなる情熱の世界を、作者の解説とともにお楽しみください。
______________
会場:ハミングバードカフェ
住所:東京都文京区根津2-22-6
期間:2022年10月19日~10月23日 ※月・火定休
時間:11:00〜19:00 ※日曜のみ18時まで
◇東京メトロ千代田線「根津駅」1番出口下車 徒歩3分
自らの内なる沈黙に鎮まった心

それは何によっても揺らぐことのない強さと、
豊かさと、安らぎを有した心です。

オルゴールの音に耳を傾けるとき
赤い大地に足をつけて立っているとき
雨降る緑の自然の中に憩うとき
あるいは、苦悩する心の
喧騒の中で突然、

それは訪れるかもしれません。

その質はいつでも、どこでも迎え入れることができます。

__「工房新鉄鋼とは」より
アシエ・ミューラーが描くのは
内なる沈黙と、その静かなる情熱の世界です。


その世界は、目を閉じて、
自らの心身や世界のあらゆる活動を忘れ、
自分が抱いている自分自身への評価も脇に置き、
自分が思っているあらゆる良いことも悪いことも退けた先に見える原風景のようなもので、
『自分が本当は何者で、どんな力を持っているか』
ということを、ただあらしめてくれる風景でした。

その風景を思うとき、私の心には様々なものが思い浮かびます。
大型オルゴールの静かで荘厳な出で立ちや、その音に耳を傾けるときの心の静寂。アリゾナ・ホピの地で感じた「天からの恵みを、遮るものなく、妨げるものなく受け取っている大地」というイメージ。
これら様々なモチーフを”シンボル”として模様を作り、それを配置していくことでこの風景を書き取っています。
そうして描かれたこれらの絵画は、目に見えて人を大いに湧き立たせるものではないかもしれません。
しかしその熱量は極限まで絵の内部に凝縮されており、大地にしっかりと足をつけて立つような、不動の「力強さ」と共にありたいと思っています。

  自らの内にある静寂の豊かさ、穏やかさに気づくこと
  その調和の状態を知り、不和を取り消すことで
  自らの心に力をもたらす風を吹かせること
  そして、いつでもその心と共にあろうという祈りと
  日々それと共にあることへ
の祝い


その安らぎの前で、もはや私たちは雄弁になる必要はなく、
沈黙の内にただ在る、力強い喜びを祝うのみです。
​​​​​​​
プリミティブな喜びと静けさ。その心をいつでも思い出せるようにと、思いを込めて作り上げた絵画を東京・根津へお届けします。
静かなる情熱あふれる「沈黙の祝祭」をお楽しみいただければ幸いです。
__Acier Muller
ハミングバードカフェについて
ハミングバードカフェは、自然の叡智と命の尊厳をテーマとして活動を続けられている「オフィスTEN」さんが運営するカフェです。

こだわりの珈琲や紅茶はもちろん、様々な種類のカカオスイーツ(看板メニューの”ハミングバードパフェ”は絶品です!)、また有機の材料を中心としたcaféめしのお食事もしていただけます。
お越しの際はぜひごゆっくり、カフェタイムと共に展示の空間をお楽しみください。
◇作家プロフィール
Acier Muller アシエ・ミューラー
1998年、群馬県前橋市生まれ。 
学生時代より世界の歴史や考古学に興味を抱き、各地のプリミティブアートに関心を寄せる。大学中退後、ホピ族の人々との現地での交流が強いきっかけとなり、本格的に作家への道を志す。

◎作家在廊日……22㈯、23㈰

 店頭にてライブドローイングをいたします。
プリミティヴな彩色またはモノクロの厳格な画面構成技術あるいはオートマティスムを駆使し作品を作り上げる鉄鋼の魔術師。モノトーンな作品においてもカラー作品においてもその魔力を発揮し、唯一無二の世界観を構築する。
__by isomeki