「沈黙砂丘」 180 × 140mm 岩絵具・土絵具

《沈黙砂丘 - Dune of Silence》
 人物が横たわり、砂漠の景色が形成されている。
 砂と大地には意匠が描かれ、この景色がただの茫漠でないことを表している。
「砂漠」は私にとって、とても大きな意味を持つモチーフでした。
アリゾナ州・荒野のメサに暮らすホピ族の人々と出会ったとき、
私は彼らの精神性が、彼らの住む大地の景色の中で育まれてきたことを知りました。

ホピの土地では陽光が家々を照らし、雲がここまで雨を運び、
夜は涼しさと星の明かりが、遮られることなく空からやってきました。
そして、建物も背の高い木々も何もない大地が延々と続くこの土地が、
空から降り注がれる恵みを、余すことなく受け取る豊かさに溢れているように見えたのです。
そのために、私はこのような風景を描くとき、
画面に雨や太陽の光、宇宙線を降らせて描き込むことがよくあります。

そしてこの豊かさは、たとえビルや建物に囲まれた場所に住んでいようと、
この恵みが既に充分にもたらされていることに気づけば、いつでも受け取ることのできる「心の豊かさ」であると思います。
日々の忙しさ、心の騒音からちょっと離れて
静かで満たされた心の情景を思い出し、安らいでいただきたい。
そんな思いから生まれた絵画です。

だからこそ、「沈黙砂丘」という題をつけました。
安らかな心の沈黙が、この豊かさにそっと気づかせてくれるからです。