Profile
アシエ・ミューラー Acier Muller
工房代表のアシエは、アメリカはホピ族の人々との現地での交流をきっかけに、ものづくりの道を志しました。
金属のイメージや考古浪漫、アンティークオルゴールの機構と技術者たちの情熱、無声映画の世界など、様々な自身の体験をヒントとした象徴的な”意匠”を作り出します。黒を基調としたシンボリックな画面構成が特徴です。
不動の鋼
大いなる大地
鎮座する黒
​​​​​​​

モノクロやアースカラーを基調とした絵を描いています。
日々の生活で忘れがちな心の静けさ、その安寧を大切にし、
余計なものなく何よりもまっすぐに心に語る、
また心を深く見つめることができるに耐えうる、“器”のある作品づくりを目指しています。